健康経営について

Health and Productivity Management

医療法人社団喜峰会 健康宣言

健康宣言認定証

 1950年創業の医療法人社団喜峰会は、職員全員が家族のような暖かい血の通った医療を提供する法人という創設者の思いと共に、地域の医療や介護、健康増進を含めて地域に貢献すべく取り組んで参りました。
 100年企業を目指し、当法人の理念やクレドを基に、地域の皆さまへ医療法人として貢献をしていくためには、職員そしてその家族が心身ともに健康で活き活きとすることが何より大切であると再認識しております。そこで、職員そしてその家族へ更なる健康を支援していくことをここに宣言し、地域への健康支援に貢献してまいります。

健康経営

基本方針

心と体の健康づくり

すべての職員の心と体が健康であることを人財力と捉え、職員一人ひとりの健康意識を高め、病気の治療や予防に対する自律的な健康行動がとれるよう、情報提供や機会づくりに努めます。

職場の環境整備

すべての職員がその能力を最大限に発揮できる仕組みや、多様な人財が協働できる快適な職場環境づくりに努めます。

コミュニケーションの推進

すべての職員が部署の垣根を越えて、お互いのことを理解し合い、共有できる機会づくりや、コミュニケーションの活性化に努めます。

推進体制

健康経営組織図