健康経営について

Health and Productivity Management

医療法人社団喜峰会 健康宣言

健康経営優良法人認定証

 1950年創業の医療法人社団喜峰会は、創設者の思いである「職員全員が家族のような、暖かい血の通った医療を提供する法人」を目指し、医療や介護、健康増進を通じて地域に貢献すべく取り組んで参りました。
 100年企業を目指し、地域社会に貢献していくためには、職員そしてその家族が心身ともに健康で活き活きとすることが何より大切であると考えます。
 医療法人社団喜峰会は、「私たちは、安心と喜びを感じていただける地域医療を提供します。」という理念実現のため、職員そしてその家族の健康を支援し、更なる地域貢献に取り組むことをここに宣言します。

健康経営

基本方針

心と体の健康づくり

すべての職員の心と体が健康であることを人財力と捉え、職員一人ひとりの健康意識を高め、病気の治療や予防に対する自律的な健康行動がとれるよう、情報提供や機会づくりに努めます。

職場の環境整備

すべての職員がその能力を最大限に発揮できる仕組みや、多様な人財が協働できる快適な職場環境づくりに努めます。

コミュニケーションの推進

すべての職員が部署の垣根を越えて、お互いのことを理解し合い、共有できる機会づくりや、コミュニケーションの活性化に努めます。

推進体制

健康経営組織図

健康経営戦略マップ

健康経営戦略マップ

パートナーシップ構築宣言について

当法人は、内閣府や経済産業省などが参画する「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」の趣旨に賛同し、「パートナーシップ構築宣言」を公表しております。
サプライチェーンの取引先の皆様や価値創造を図る事業者の皆様との連携・共存共栄を
進めることで、新たなパートナーシップの構築を目指します。

従業員の健康管理、および健康状況

定期健診

項目 2020年度 2019年度
受診率

100.0%

99.5%

適正体重維持者率 ※1

72.6%

71.4%

喫煙率

10.2%

10.0%

運動習慣者比率 ※2

14.3%

9.5%

「睡眠により十分な休養が取れている人」の割合

64.9%

36.5%

飲酒習慣者率 ※3

7.7%

3.2%

血圧リスク者率 ※4

0.0%

0.0%

血糖リスクと考えられる人の割合 ※5

0.0%

0.0%

糖尿病管理不良者率 ※6

0.6%

0.3%

精密検査受診率

13.9%


※1 BMIが18.5~25.0未満の人の割合
※2 1週間に2回、1回当たり30分以上の運動を実施している人の割合
※3 頻度が時々または毎日かつ飲酒日の1日当たりの飲酒量が清酒換算で2合以上の人の割合
※4 収縮期血圧180 mmHg以上または拡張期血圧110 mmHg以上の人の割合
※5 空腹時血糖が200mg/dl以上の人の割合
※6 HbA1cが8.0%以上の人の割合

ストレスチェック

項目 2020年度 2019年度
受検率

94.9%

96.7%

高ストレス率

11.5%

12.2%

勤務状況

項目 2020年度 2019年度
平均月間総実労働時間

150.8時間

150.7時間

平均月間所定外労働時間

3.8時間

4.2時間

平均勤続年数

8.0年

6.4年

離職率

10.9%

14.6%

平均年次有給休暇取得率

71.4%

65.3%

平均年次有給休暇取得日数

11.5日

10.9日

年間長時間労働者数(月45時間以上)

0名

0名

年間長時間労働者数(月80時間以上)

0名

0名

2020年度の主な重点課題と実績

従業員間のコミュニケーションの促進

課題とその根拠
法人内で多数の職種がかかわる中、クレドにもある周りの人へ関心を持ち、おたがいさまの精神で地域医療に取り組むためには、コミュニケーションの活性化が必須であるが、2019年度の行事においては参加率が32.2%と低く、更なる活性化が必要である。
推進計画
今までの取り組みに加え、法人内としては、運動会や青年部の活動、地域活動としては、地域のお祭りやゴミ拾い活動等を通じてコミュニケーションの促進を図る。
また、withコロナ時代に対して、各自で歩数を競う等の人が集まることなくコミュニケーションを図ることができる取り組みの検討を行う。
目標
行事等への参加率を上げる
2019年度実績
32.0%
2020年度目標値
40.0%
2020年度実績
72.8%
施策実施結果
職員食堂の改修・委託業者の変更により、食堂での1日の喫食数が16.5%向上した。また、献血活動では、前回の6.1倍となる延べ110名が参加となった。清掃活動の参加率は、前回よりも43.9%減少した。管理職向けセミナーの参加率は100%だった。
効果検証結果
職員食堂については、食堂の内装からこだわることで、職員に快適な食事の場を提供できるようになったこと、食事の内容もこだわりの食材・調理方法により、喫食数が向上した。また、献血は緊急事態宣言下であっても継続が求められる事業と謳われており、医療に携わる職員としての行動であった。清掃活動については、コロナ対策が開始されて直後の休日であったため、参加者が減少した。イベントを複数回に分ける等の検討を行う。管理職向けのセミナーは、今年度初めての試みとして女性特有の病気をテーマに行った。今後はさらに内容を充実させて開催数を増加させていく。
2025年度目標値
80.0%

従業員の喫煙率低下

課題とその根拠
喫煙による喫煙者本人への悪影響を無くし、健康的に長く働けることを目的とし、喫煙により大切な家族や周囲の人を受動喫煙から守ることにつながる。
過去6年の喫煙率は約10%を推移しており、ほとんど効果が見られていない。
推進計画
若年層、及び喫煙歴の短い者を中心に、禁煙対策の実施やポスター掲示(世界禁煙デー受動喫煙防止啓発)、職員健診での問診時に禁煙の指導・禁煙外来の推奨を行う。
目標
喫煙率を下げる
2019年度実績
10.0%
2020年度目標値
  9.0%
2020年度実績
10.2%
施策実施結果
若年層、及び喫煙歴の短い者を中心に、禁煙対策の実施やポスター掲示(世界禁煙デー受動喫煙防止啓発)、職員健診での問診時に禁煙の指導・禁煙アンケートを実施した結果、禁煙外来受診希望者が2名となった。
効果検証結果
禁煙アンケートの結果、全体の70.7%が禁煙を希望しており、女性については90.0%であった。禁煙を希望する多くが禁煙外来や同好会を利用することなく、地震で挑戦するとの回答であった。79.1%の禁煙希望者が健康面、金銭面を禁煙したい理由に挙げているため、定期的に対象者へ有益な情報を提供する等の検討を行う。また、禁煙を推進するための卒煙同好会を立ち上げ、活動を行っていく。
2025年度目標値
  5.0%

取り組み事例

職員食堂リニューアル

職員食堂リニューアル

献血

献血

院内緑化活動

院内緑化活動

グラウンドゴルフ大会

グラウンドゴルフ大会

清掃活動

清掃活動

ちぎり絵

ちぎり絵

クリスマス会

クリスマス会

青年部の活動

青年部の活動

主な設備投資

職員食堂リニューアル

職員食堂リニューアル

菜園hygge

リハビリガーデン「菜園hygge」開園

院内Wi-Fi設置

院内Wi-Fi設置

検温システム導入

検温システム導入

その他

トカっち

マスコットキャラクター「トカっち」誕生

2021年度から新たに取り組む重点課題

生活習慣病等の疾病の高リスク者に対する重症化予防

課題とその根拠
2016年及び2019年健診データより運動習慣割合及び適正体重維持者比率が減少傾向であることが分かった。当法人の運動習慣比率は2016年10.0%、2019年9.5%と減少傾向であり、平成30年国民健康・栄養調査にて運動習慣のある者の割合(20歳以上男性31.8%、女性25.5%)と比較しても運動習慣割合が低い。更に適正体重維持者比率も2016年73.2%、2019年71.4%と低下傾向にある。
推進計画
①階段walkの実施:階段に運動啓蒙案内を貼り、上り2フロア・下り3フロア、通勤時等、積極的に階段を使用するよう推奨
②アクティブガイド+10情報提供:運動1日30分以上を普段の生活に取り入れることができることを社内報等にて伝達(ex.一般的1日歩数や運動量計測、駐車場から病院までのマップ歩き、階段昇降運動量計測)、アプリ活用
③地域ゴミ拾い活動:ゴミ拾い活動を運動と捉え、歩数計で運動量を確認
目標
運動習慣比率を上げる
2020年度実績
9.5%
2021年度目標値
20.0%
2025年度目標値
35.0%