消化器内科

Gastroenterology

消化器内科の特徴

 当科は消化管である食道・胃・小腸・大腸と消化にかかわる臓器の肝臓・胆嚢・膵臓を主な診察対象としています。
 消化管に関しては通常の口から行う胃カメラに加え、経鼻内視鏡も対応しています。経鼻内視鏡は口を通らず検査ができることから、検査中の嘔吐反射が起きにくく、検査中の会話が可能です。
 また早期胃癌・大腸癌に対する内視鏡治療も積極的に行っております。
 内視鏡治療はお腹を切ることなく病変部の表面を剥離して治療するため、お腹に傷が残らないことや、胃や腸の一部を切り取る手術に比べダンピング症候群や腸閉塞などの術後合併症が少ないのが特徴です。
 健康診断で異常のあった方、腹痛や腹部違和感のある方、便秘・下痢などでお困りの方はぜひご相談ください。
肝臓に関しては慢性B型肝炎・C型肝炎(肝硬変)に対する検査・治療を積極的にすすめています。
 特にC型肝炎ウィルスに対するインターフェロン療法はもちろん、最新の治療であるDFPP療法(血液を濾過しウィルスを減らす治療)を導入しました。
 これまでインターフェロンによる治療をしたことがない方も、他院で治療をしたけれどもウィルスが消えなかった方もぜひご相談ください。
 肝臓癌(転移性肝癌を含む)と診断された方も、当院では多種多様な治療法が可能です。
 経皮的ラジオ波焼灼術は超音波で癌を確認しながら針を刺し、病変部を焼く方法です。
 またカテーテル治療である肝動脈塞栓術も行っており、いずれもお腹を切らずに肝癌の治療を行うことができます。
 消化器内科では外科との連携を常に行いながら診療にあたっておりますので、いろんな治療法の中から患者さんにとって最適な治療を検討することが可能です。
 ぜひ一度ご相談ください。

常勤医師紹介

岡山 政由 (理事長)

専門分野
肝炎の治療
資格
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本人間ドック学会認定医・専門医
日本医師会認定産業医
日本人間ドックアドバイザー

堤 靖彦 (院長)

専門分野
消化器疾患/肝疾患
資格
日本内科学会認定総合内科専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医

山田 恵一

専門分野
肝疾患
資格
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝臓学会肝臓専門医

非常勤医師紹介

芳川 昌功

専門分野
消化器全般/消化器内科
資格
日本内科学会認定内科医