ごあいさつ

message

医療法人社団喜峰会 理事長からのごあいさつ

 当院の歴史がスタートしたのは、昭和25年(1950年)。戦後の復興期で医療供給体制も整備途上にある中、創設者である岡山義雄により、名古屋市中区大津橋(現在は丸の内)に「外科・胃腸科岡山病院」として開設いたしました。 
 その後、日本の高度成長に伴い、医学・医療レベルも飛躍的な発展を始めます。こうした環境の変化に対応できる病院の必要性を感じたことから、昭和44年(1969年)、名古屋市中区栄へ移転し、救急医療と診療事業を柱に据えた「岡山病院」として新たなスタートを切りました。 

 そして日本経済が成長期から成熟期へと移行する中、医療にも高度性・専門性だけでなく、サービスや快適さの提供が求められるようになります。そこで私たちは平成元年(1989年)、名古屋市のベッドタウンである春日井市高蔵寺ニュータウンに隣接する現在地に新たに「東海記念病院」を開設しました。 

 平成12年(2000年)には創設50周年事業として、健康管理センターを開設。「救急医療」から「リハビリテーション」「予防医学」「在宅介護」まで、トータルなニーズに対応できる医療体制を確立することができました。 
 平成17年(2005年)には春日井市医師会に加入させていただき、地域医療への貢献に向けた基盤を整えることができました。今後とも地域に開かれた病院として、社会や住民の皆様からお寄せいただく「厚い信頼」を財産と考え、ご期待にお応えすることができますように努めてまいります。

東海記念病院 院長からのごあいさつ

 少子高齢化が現実のものとなり、多くの高齢者が「自分らしく健やかに年をとりたい」と願いながらも、孤立や老々介護といった問題に直面している現実を、目の当たりにしてきました。 そんな状況の中、地域医療を担う私たちが、今やるべきことは何か。
 その答えのひとつとして進めているのが、”ホスピタウン構想”です。各病院や施設が個別対応をしてきた従来型の医療や介護の在り方では、これからの時代に対応出来ません。
 当院は、国が進めている地域包括ケアシステムの一翼を担い、分野の枠をこえ、この地域のネットワークインフラのハブとして機能する地域多機能型病院を目指しています。病気や状態に関わらず、迅速かつシームレスな橋渡しを行うことで、「地域の医療機関があたかも一つの病院のように」なることを目指しています。そのために、基幹病院を支え、地域の診療所や施設との連携を深め、効率的でより良い医療を提供し、地域に貢献してまいります。
 当院の強みである「リハビリ力」、「機動力」、「チーム力」をさらに強化し、医療、保健、介護、福祉、生活を通じて住みなれた街で安心して暮らすことができる街をつくりたい。高齢者はもちろん、あらゆる世代の方が笑顔で暮らせる街をつくりたい。その目標に向け、今後も地域の皆さまとともに歩んでいきたいと思います。