信頼と満足の看護を提供します

看護部共育体制

Department of Nursing

共育支援体制

卒後継続教育について

 看護職は生涯にわたり、研修を受け、成長、進歩して社会の要請に応えられるようにしていかなければなりません。また、看護職は高度な看護実践能力とともに、豊かな人間性も求められています。

看護部の共育方針

1.
専門知識・技術を習得し、患者の状態・状況を的確に判断し根拠を持ったケアを提供できる看護師を育成する。
2.
専門職としての技術・協働する力、倫理性を備えた、自律でき自己の看護能力を開発・発展させることができる看護師を育成する。
3.
医療チームの一員としてよい人間関係を保ち、自己の役割を果たし、社会人としての自覚・責任を持ち主体的に行動がとれる看護師を育成する。

共育目標

1.
病院の理念・基本方針および看護部の理念・基本方針を反映した看護実践ができる。
2.
環境の変化に柔軟に対応し、質の高い看護サービスが提供できる。
3.
専門職として、自らの責任において自己の能力と技術の維持・向上に努力することができる。
4.
常に患者中心の視点で自律的な思考・判断・行動ができる。

共育体系

1.
一般看護職員研修

1) 教育方法:ラダー別教育研修
 〇中堅看護師教育      〇看護管理者教育
 〇中途採用者研修

2) 教育内容
 〇看護実践能力 〇役割遂行能力
 〇自己教育・研究能力

2.
その他の支援

 1)認定看護師育成
 2)管理者育成(ファースト、セカンド、サードレベル研修)
 3)臨地実習指導者育成
 4)自己能力開発支援(外部研修、施設見学、学会、研究発表など)
 5)看護実践報告会

共育体制

院内研修

基礎的な知識と技術を高める研修、急変時ケアや医療安全 に関する研修を行っています。

専門性を高める研修、管理的視点で問題解決できる能力を養う研修と院外研修を組み合わせています。

院内研修は勤務時間内に実施しています。

院外研修

キャリアアップのために積極的に院外研修、学会等への参加を促進しています。

出張扱いとし、費用は病院負担としています。

クリニカルラダーと共育について

クリニカルラダーレベル別研修のプログラム内容

看護師研修計画

看護部内研修

 経験年数・ラダー別に、以下のような研修を行っています。

中途採用者研修

入職時または入職数か月以内に研修を行っています。

尊厳を守るケア研修

 看護部では、全看護職員を対象とした「尊厳を守るケア研修」を行っています。これは、「相手を〝人〟として尊重する・大切にする」コミュニケーション技術の研修です。
 実際の高齢患者の視野と聴覚を再現し、看護師の良い対応・良くない対応のロールプレイを行っています。

「やさしい声掛け」、「視線を合わせる」、「触れる」を重点的に実施しています。

ロールプレイで感じたことを互いに共有したり、動画で撮影した自分の対応を、先輩と振り返ることで、相手を「人」として尊重したコミュニケーションの技術を学んでいます。

看護を語る会

 看護を語る会では、病棟や外来などの臨床の現場で実際に経験した症例を通して、日ごろの看護について振り返り、お互いの看護に関する知識だけでなくその時感じた想いも語り合う会です。
 看護部では、お互いの発表やそのとき感じたことも大切にしています。

それぞれのグループがそれぞれの方法で発表を行いました。

他病棟の看護師や院長も集まって積極的に語り合います。