信頼と満足の看護を提供します

看護部教育体制

Department of Nursing

教育支援体制

卒後継続教育について

 看護職は生涯にわたり、研修を受け、成長、進歩して社会の要請に応えられるようにしていかなければなりません。また、看護職は高度な看護実践能力とともに、豊かな人間性も求められています。

看護部の教育方針

1.
専門知識・技術を習得し、患者の状態・状況を的確に判断し根拠を持ったケアを提供できる看護師を育成する。
2.
専門職としての技術・協働する力、倫理性を備えた、自律でき自己の看護能力を開発・発展させることができる看護師を育成する。
3.
医療チームの一員としてよい人間関係を保ち自己の役割を果たし、社会人としての自覚・責任を持ち主体的に行動がとれる看護師を育成する。

教育目標

1.
病院の理念・基本方針および看護部の理念・基本方針を反映した看護実践ができる。
2.
環境の変化に柔軟に対応し、質の高い看護サービスが提供できる。
3.
専門職として、自らの責任において自己の能力と技術の維持・向上に努力することができる。
4.
常に患者中心の視点で自律的な思考・判断・行動ができる。

教育体系

1.
一般看護職員研修

1) 教育方法:ラダー別教育研修
 〇卒後1年目教育    〇卒後2年目教育
 〇中堅看護師教育      〇看護管理者教育
 〇中途採用者研修

2) 教育内容
 〇看護実践能力 〇役割遂行能力
 〇自己教育・研究能力

2.
その他の支援

 1)認定看護師育成
 2)管理者育成(ファースト、セカンド、サードレベル研修)
 3)臨地実習指導者育成
 4)自己能力開発支援(外部研修、施設見学、学会、研究発表など)
 5)看護実践報告会

教育体制

院内研修

基礎的な知識と技術を高める研修、急変時ケアや医療安全 に関する研修を行っています。

専門性を高める研修、管理的視点で問題解決できる能力を養う研修と院外研修を組み合わせています。

院内研修は勤務時間内に実施しています。

院外研修

キャリアアップのために積極的に院外研修、学会等への参加を促進しています。

出張扱いとし、費用は病院負担としています。

 

クリニカルラダーと教育について

看護師研修計画

新卒者教育

1か月間のローテーション研修を行った後、各部署に配属となります。
 配属後もさまざまな研修やプリセプターシップ制度などを通して支援を行っていきます。

新人看護師の教育支援体制

教育専従師長と主任看護師が研修計画を立案しています。また、 各部署では師長・主任・プリセプターが中心となり新人教育を行っていきます。

【プリセプターシップ】

Priseptor
相談しやすい雰囲気づくりを大切に
プリセプティは、すべてにおいて初めてのことばかりで、不安でいっぱいです。 私はプリセプティの支えになれるよう、いつでも相談しやすい雰囲気づくりに努めました。 看護の仕事って楽しい!やりがいがある!と感じてもらえるような指導を目指してきました。 プリセプティ一人ひとりに合った指導方法で、スタッフ全員が協力しながら新人教育を行っています。

Preceptee
先輩のような看護師になるのが目標 
1年目で初めて経験することばかりの頃、先輩は私が理解するまで丁寧に教えてくれました。 仕事が終わってから残って教えていただいたことも何度かありました。 時には厳しい指導を受けることもありましたが、その中に後輩の成長を願う優しさが感じられ、 おかげでたくさんのことを身につけることができました。精神面でも支えていただき、とても尊敬できる先輩です。 私の目標とする看護師はプリセプターです。

新人看護師研修

新人看護師が臨床現場に順応し、基本的な臨床実践能力を習得することができるよう、新人看護師研修を行います。
また、『新人看護師研修ファイル(看護技術チェックリスト、ポートフォリオ)』を活用し、目的目標の到達状況を確認していきます。

2年目以降研修

経験年数・ラダー別に、以下のような研修を行っています。

中途採用者研修

入職時または入職数か月以内に研修を行っています。

看護補助者研修

以下のような研修を行っています。

看護補助者業務とは、看護倫理・個人情報について 

感染予防策

医療安全

接遇

看護の発表会

毎年、固定チームナーシングの小集団活動の結果を発表します。