元気と笑顔にあふれるリハビリテーションを

総合リハビリテーションセンターについて

About Rehabilitation Center

リハビリの東海記念病院として

 リハビリテーションは東海記念病院が最も力を入れている取り組みの一つです。理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのスタッフを充実させ、広さと設備を兼ね備えた総合リハビリテーションセンターを整備し、入院時はもちろん予防から在宅まで視野に入れたリハビリテーションを行っています。

高まるリハビリのニーズに応えて

「いずれあらゆる診療科でリハビリが重要になる」「リハビリを核とする医療が求められる時代が来る」

 創設者の岡山義雄はこう確信し、東海記念病院の前身の岡山病院時代からリハビリ施設を設け、リハビリに力を入れていました。高齢化の進行に伴い、リハビリテーションのニーズがこれからも更に高まっていくことは確実です。それにどう応えていくのか。この課題にリハビリ中心の診療を追求してきた医療機関として全力で取り組んでいます。時代が求めるリハビリテーションをこれからも提供していきます。

リハビリテーション部について

リハビリテーション部理念

笑顔で明日につながるリハビリテーションを実践します。

患者さんを尊重し、信頼と安心のできるサービスを提供します。

1人1人の患者さんに合わせ、日常生活への復帰をお手伝いします。

専門職として常に向上心・探求心を持ち、活力ある職場作りに努めます。

心と技術を合わせ備えたリハビリテーションを提供します。

リハビリスタッフ紹介

理学療法士(Physical Therapist)

 筋肉や関節を動かす運動療法や、患部を温める・冷やす・電気刺激を与えるといった物理療法を駆使し、除痛や筋力の向上を図り、座る・立つ・歩くといった日常生活を行なう上で基本となる動作の習得を目指します。他にも、高齢者の介護予防やメタボリックシンドロームのような生活習慣病に対する指導も行ないます。

作業療法士(Occupational Therapist)

 病気や怪我によって後遺症が生じた場合、何気なくおこなっていた日常の動作が自分ひとりではできなくなることがあります。作業療法ではそのような患者さまに対し、失われた機能の回復訓練や代償となる道具を使う練習などをおこないます。自宅退院を目指す患者さまに対し、在宅生活や社会復帰を見込んで家事や公共交通機関の利用、パソコン操作、畑仕事などの練習も必要に応じて実施します。自宅に帰ってから、生活に困ることがないように動作の練習や確認を一緒に行います。

言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist)

 ことばの障害を持った方とコミュニケーション能力の練習をしています。また、摂食・嚥下機能(ものを食べたり、飲み込む機能)の回復を目指します。

総合リハビリテーションセンター設備

リハビリアリーナ

 高い天井と大きな窓に囲まれた広い空間には、エアロバイクや筋力トレーニング機器、各種物理療法機器、トレッドミルなどの設備が充実しています。また、和室や練習用の浴槽、キッチンや冷蔵庫なども完備されており、自宅生活を想定し、より日常生活に近い訓練が可能です。アリーナは自然に囲まれており、春には桜やつつじ、夏には新緑やゴーヤーのグリーンカーテンなど季節を感じながらリハビリをすることができます。七夕やクリスマスなどの行事では、この広いリハビリアリーナを使用し、患者さまを集めてイベントを行ったりもします。

プール

 水治療室の一画には約2.5m×4.5mの温水プールがあります。プール内には手すりもついており、水中では浮力の作用により、体重が軽くなります。そのため、体重をかけることで生じる膝や股関節、腰の痛みが軽減した状態で運動が可能です。また、水の抵抗を利用して運動をすることもできます。

リハビリテーションロボットの活用

ホンダ歩行アシスト

 歩行アシストは、股関節の曲げ伸ばし補助し、それによって足の振り出し速度や歩幅を調整できるリハビリロボットです。歩行アシストを使うことにより、装着者は歩行動作を補助され、歩行の感覚がつかみやすくなります。当院では主に脳卒中による運動麻痺の歩行訓練に活用しています。

IVES

 脳卒中や脊髄損傷による障害では運動の指令信号が脳から筋肉にうまく届かなくなった状態(運動麻痺)となる場合があります。アイビスは、脳から発生しているわずかな信号を拾い、筋肉に伝えて運動をお手伝いする装置です。当院では主に手の運動麻痺のリハビリに活用しています。