神経内科

Neurology

神経内科の特徴

最近では徐々に認知されてきましたが、「神経内科」ときいてピンとくる人はまだまだ少数派ではないでしょうか?ドラマ「1リットルの涙」「僕のいた時間」や、ちょっと昔の映画で「レナードの朝」などの中で難病患者さんを相手に奮闘しているのが「神経内科医」です。 
 その名の通り、「神経」の「内科(内臓をみる医者)」ですから、「脳→脊髄→末梢神経(体の中に張り巡らされている神経線維)→筋肉や五感に関わる臓器」にいたる回路に何らかの内科的異常がある病気が対象となります。

 具体的には、以下のような疾患が対象となります。

脳血管疾患:脳梗塞・脳出血

認知症:アルツハイマー病、レビー小体病、前頭側頭型認知症、正常圧水頭症

神経変性疾患:パーキンソン病、多系統委縮症、進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症

神経免疫疾患:多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎

筋疾患:筋緊張性ジストロフィー、ミトコンドリア脳筋症

その他:てんかん、頭痛、めまい、など

 以上はほんの一部で、他にも様々な神経内科疾患があります。
 また、糖尿病などのように、二次的に神経組織の障害を起こす病気も診させていただいています。

 これらの病気の診断や治療をさせていただくとともに、当院の特徴であるリハビリの面でもお役に立てることがあろうかと思いますので、上記のような疾患でお悩みの方はぜひおいで下さい。

常勤医師紹介

景山 卓 (副院長/神経内科部長)

専門分野
神経内科一般
資格
日本内科学会総合内科専門医・認定内科医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本多発性硬化症協会顧問医

非常勤医師紹介

井口 洋平

専門分野
神経変性疾患/認知症
資格
日本内科学会認定内科医
日本神経学会神経内科専門医

伊藤 大輔

専門分野
脳血管障害/認知症/神経変性疾患等
資格
日本内科学会認定内科医