栄養科

 栄養科では、ヘルスケア・サービスの一環として、個々人に最適な栄養ケアを行い、栄養状態を改善し、クオリティ・オブ・ライフの向上に努めています。 

 高齢者においては、自立した日常生活を維持できる期間を少しでも長くすることを目標に、栄養サービスを行っています。

栄養管理業務

入院患者さまに治療食の説明や、食欲のない患者さんの嗜好を伺い栄養状態の把握を行っています。
リハビリ実施患者さまにおいては、提供している栄養量が不足していないかなども他職種と協力し把握するように努めています。
適正栄養量を管理栄養士が算出し、必要に応じてその患者さまに合った補助食を提供しています。

入院中のお食事について

 治療及び患者さんの希望等(アレルギー、薬との相互作用、嗜好)に対応しています。
 食事について相談・質問がございましたら、主治医・看護師にお申し出いただくと、管理栄養士に連絡が入るようにシステムを作っております。

一般食

 常食、全粥食、7分粥食、5分粥食、3分粥食、流動食があります。
 主食は、選択できるようになっています。

選択メニュー

常食のみ週3回、選択メニューを提供しています。

特別食

 疾患別に対応した食事になっています。
 糖尿病食、減塩食、肝臓病食、膵臓病食、腎臓病食(低タンパク食)、潰瘍食があります。

嚥下障害食

 言語聴覚士と協力し、嚥下障害の段階に合わせた食事が提供できるように準備しています。
 嚥下食ピラミッドに合わせた食事を提供するようにしています。

経腸栄養法(EN:Enteral Nutrition)

 消化管の機能は保たれているのに食物の経口摂取が困難な時に消化あまり必要としない濃厚流動食を栄養チューブを用いて胃または小腸に直接注入する方法。
 1cc/1kcalの通常のもの、疾患別、半固形のタイプの濃厚流動食を準備しています。
 栄養状態に合わせて栄養量を決定し、下痢・便秘・嘔吐・腹部膨満・逆流による誤嚥など合併症の相談に対応しています。

行事食

 病院の中は季節を感じにくくなりますので、食事から季節を感じていただけるように歳時記に合わせた行事食を提供しています。

栄養相談

入院・外来栄養指導

 ご希望の方は主治医にご相談ください。管理栄養士が患者さんとともに、その方にあった食事の取り方を考え、提案させていただきます。
 当院の患者さんだけでなく、他院へ通院されている患者さんは、地域連携課を通して予約を受け付けますので、ご自身の担当医にご相談ください。

入院・外来栄養指導実施日
月~金 9:00~11:00 、14:00~16:30
土曜日(第2・4・5のみ) 9:00~11:00

イベント情報

入院や外来の患者さまだけでなく、地域全体に食事の大切さを広める活動を行っています。
一緒に食事をとることで、交流の輪も広まっています。
お気軽にご参加ください。
※一部予約が必要な教室があります。

健康ランチ教室・低カロリーバランスバイキング

 集団栄養指導の一環として生活習慣病の患者さんを対象に行っています。

料理教室

当院通院患者さんだけでなく、地域の方の健康に貢献するために開催しておりますので、ご希望の方は栄養科までお電話ください。
 (TEL:0568-88-0568 内線181)

栄養教室

ご希望の方は、当院デイケアルームまで直接お越しください。予約は必要ございません。

低カロリーバランスバイキング

 血糖値やメタボ、尿酸値が気になる方にオススメです。付き添いの方も1名までご参加いただくことが出来ます。

健康ランチ教室

 食事を摂りながら、食事内容や量・味付け・調理のポイントなどを勉強できる教室です。
健康になりたい方、脂肪を上手に摂りたい方、メタボが気になる方におすすめです!