小児整形・障害児(者)外来

Pediatric Orthopaedic

小児整形・障害児(者)外来の特徴

 小児整形は先天性の手足や脊柱の変形や、成長期に起こる骨、関節の病気が主な対象ですが、子どもで外傷など原因が分からず手足や腰など身体のどこかを痛がることや、姿勢および歩き方など気になることがありましたらお気軽に受診してください。
 子どもに必要な成長、発達に配慮した治療および日常生活指導を致します。

 障がい外来では脳性麻痺、二分脊椎や筋ジストロフィーといった神経、筋肉の病気およびダウン症など知的障がいに付随した骨・関節の異常が主な対象ですが、頸がすわらない・立てないといった運動発達の遅れ、体が傾いている・歩き方がおかしいといった姿勢の異常、階段が一人で昇れない・走れないといった下肢筋力の問題など心配がある方はご相談ください。
 症状に合ったリハビリを含めた治療および日常生活指導を行います。 

また脳性麻痺など身体障がい、そしてダウン症や自閉症など知的障がいのある成人の方で、下記のような心配がある方はご相談ください。
 その心配について診断し、適切なリハビリ、装具を含めた治療、日常生活指導を行います。

1.手足の痛みやシビレ、歩行の困難化、緊張の増強などの二次障害
2.定期的診察を受けてないが、二次障害は起こらないか
3.成人になってから起座、移動など運動能力が落ちてきているが対策はないか
4.成人になってからリハビリを受けてないができる所はないか

非常勤医師紹介

沖 高司

専門分野
小児整形外科/障害児医療
資格
日本整形外科学会整形外科専門医
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医