薬剤科

薬剤科の紹介

当院では、お薬のある外来患者さまには全て院外処方箋を発行しています。
高齢化社会・医療の高度化とともに機能分化が進み、処方薬に関しては医薬分業(※)が推進されています。
当院では医薬分業を取り入れ、私たち薬剤師は、病棟業務、医薬品の品質管理、お薬の有効性・安全性などの情報収集、情報提供などの業務に取り組んでいます。

※「医薬分業」とは、医師の診察を受けたあと、病院でお薬のかわりに処方せんを受け取り、患者さまがこの処方せんを街の保険薬局にもっていき、お薬を受け取ることをいいます。 

薬剤科業務

 薬剤科では以下のような業務をおこなっています。

調剤業務

 入院患者さまの内服薬や外用薬は、入院処方せんに医師が処方薬を記載しそれをもとに薬剤師がお薬を調剤します。薬剤師はまずその処方に対しお薬の量、使い方、飲み方、お薬の飲み合わせなどが適切かどうかを確認します。 そして錠剤については1回服用分ずつを分包(1包化)して患者さまに渡しています。

病棟業務

 一般病棟に専任薬剤師を配置しています。
 入院患者さまの投薬内容を把握し、相互作用、副作用、他院での処方内容との重複や配合禁忌などについてチェックし、医師や看護師と連携をとりながら患者さまが安全な薬物療法を受けられるように薬の管理をおこなっています。
 患者さまへは、薬の効果や使用方法、使用上の注意点などを説明したり、お薬に関する不安や疑問などをお伺いして医薬品の適正使用に努めています。
 お薬の管理が必要な患者さまに対しては、間違いなくお薬が配られるように一回の服用分ごとにセットをおこないます。
 またセットしたお薬を患者さまにお渡しする際には、患者さまのお薬に対する理解度、服用状況などをチェックしています。

注射薬払い出し

 医師の指示に従い、患者さま個々にセットして各病棟に払い出しています。薬用量、配合変化、相互作用等をチェックし、安全で適正な薬物療法が行われていることを確認しています。

医薬品の在庫管理

 当院で使われる薬が過不足なく供給できるように日々対応しています。また、院内の薬品に対し指定された方法で適切に保管されていることを定期的に確認しています。

医薬品情報提供

 医薬品に関する副作用・使用方法等の最新情報を収集し、医師をはじめとする医療スタッフに提供しています。また、医療スタッフからの医薬品に対する問い合わせについても情報を提供しています。